念入り日記

30代プロダクトマネージャー。仕事と出張と生活の中の気付きを書き留めます。念には念を入れるんだ。

英訳・和訳に「英辞郎」をガツガツ使う日々

アルクの英和・和英辞書「英辞郎」の話です。

英語のドキュメントを書いたり訳したり、他の人の英文チェックを頼まれたりする機会がぼちぼちありますが、効率化としては英辞郎の辞書データをローカルに入れておくのが一番強いな」というのがここ数年の実感。3000円くらいでデータ入りDVD+書籍が買えるので、とりあえずPCにぶちこみましょう。

 

使い方は、PCまたはMacに専用ソフトをインストール。あとは都度、単語を検索する。それだけです。

https://m.media-amazon.com/images/S/aplus-media/vc/fb299a2c-04d0-4ece-88dd-723214789c54._SL300__.jpg

利点は人によっていろいろあるようですが、私は「ローカルで動作するので早い」「ずらーっと並ぶ熟語や例文から、ニュアンスにあう表現を見つけやすい」という、その二点だけで使ってます。

例えば、

  • 自分で書いててうっかりuseとかmakeとかが続いちゃった時に、少しずらした単語を探すとか。
  • 英文チェックをしている時に「日本語の○○を直訳すると確かにこうなんだけど、英文としてはもっと噛み砕いた表現ができるぜよ…」という箇所を分解するとか。
  • いろいろな意味や用例のある熟語に遭遇した時(例:get on)、どんな文脈で使われるのかな~と理解を深めるとか。

 

ちなみに、英辞郎はウェブ版やChrome拡張でも提供されていて、かなりの内容は無料で使えます。それで十分まかなえるというのであれば、もちろんOKと思います。

私も当初はウェブ版を使っていたのですが、使い込むにつれて遅いのが辛くなってしまい…。検索の待ち時間が秒単位になると思考を妨げるし、待ち時間に他のことが思い浮かんでしまったりして、効率があまりよくないなあと(うちの会社のネットワーク環境がアレなせいもありますが)。ローカル版はもちろんレスポンスが早く、ガツガツとキーワードを入れ直したりしてもストレスがないので、使い倒しています。

あと、出先でWi-Fi環境がない時もあるのですが、そういう時にももちろん便利です。
eow.alc.co.jp

chrome.google.com

 

辞書データはAmazonとかで買えます。私は第八版を使っていますが、最新は第十版のようですね。

英辞郎 第十版 辞書データVer.151[2018年1月18日版] (DVD-ROM2枚付)

英辞郎 第十版 辞書データVer.151[2018年1月18日版] (DVD-ROM2枚付)

 

●ネット不要で、検索と表示が素早い!
検索ソフトも辞書データも、最新OSのPCにインストールして使用できます

●豊富な例文が、ライティングの強い味方に!
Windows 版は「日英を交ぜた検索」も「部分一致検索」にも対応。
豊富なデータから、お目当ての表現が素早く見つかります。

 

 

過去の英語記事。 

nennennen.hateblo.jp

nennennen.hateblo.jp

 

読書メモ 『うつ病九段』先崎学

nlab.itmedia.co.jp

この記事をきっかけに。Kindleで2時間くらいで読了。

3月のライオン」最新13巻に先崎さんのコラムがないことは気づいており、どうしたかなと思っていたら…

 

うつ病経験者として、病に関連する書籍はぼちぼち読んだけども、初期のどうしようもない身体の重さや思考能力の落ち具合、そこから薄皮をはぐように回復していく経過が、主観でここまで読みやすく克明に書かれた本はあまりないと思う。(家族目線はいろいろある。)

ブコメでも書いている方がいるけれど、そのわかりやすさは、「棋力」という客観的な指標があるからこそだ。 後輩とまともに指せない、小学生並みの詰将棋が解けない、平時はプロとして何手先までも読めていたのに… そこからできることを取り戻していく過程が、すなわち回復の経過となっている。

 

文筆家としての先崎さんの腕は、もちろん十二分に活かされている。リハビリ中であり、以前と比べて文の細部に違和感があるとは書いておられるが、全体的な筆力や客観性は失われていない。

辛い苦しい、どうして自分が…という感情に偏りすぎず、人とのささいな会話や生活の描写、客観的な事実、(後付けであろうとは思うが)それらからユーモアを見出す努力がバランスよく織り交ぜられており、闘病記ながらシンプルに面白い読み物なのである。精神科医の実兄のおかげもあり、「うつはこうすれば治る!」みたいな胡散臭さからも、丁寧に距離をとられている。

そもそもここまで記憶して書きとめておけるということが、棋士+文筆家としての記憶力の賜物かもしれない。私はうつ病当時の記憶がおぼろげにしか残っておらず、逆に、この読書で触発されて思い出したことがいくつかあったくらいだ。

 

棋力の描写がポイントと書いたが、詰将棋の難易度にしても、対戦相手との大まかなレベル差にしても、都度わかりやすい例えがついている。将棋にそんなに詳しくなくとも、うつ病の人の中で何が起こっているのかがわかる本として、いろいろな人が読めるのではなかろうか。というか、いち経験者からしても、多くの人に読んでほしいなと思う。 

先崎九段、復帰戦勝利おめでとうございます。

 

重さ40gのお泊りスキンケアセットを作る(登山・ロングフライト・旅行用)

私はたまに登山でテント泊をするのですが、最初のころ悩んでいたのが基礎化粧品。持っていくものは、水がなくてもメイク落としや保湿ができて、できるだけ軽くて、液漏れの心配もなくて…という、厳しい条件を満たす必要があるからです。

何回か試行錯誤をして、自分にとって、あまりストレスのないスキンケアセットのノウハウを編み出しました。1泊分で重さ約40g。

ちなみにこのセット、旅行でも役立ちます。特に活用できるのが、飛行機の長距離フライト(理由は後述)。「私、登山なんかしないし…」という方にも、役に立つかもしれません。

 

ざっくりいうと、コンビニとかによく売っている「使い切りのお泊り用スキンケアセット」を、自分に合う形で、いつでも簡単に、家でのメンテの手間もなく作ろうという話になります。 

KOSE コーセー ソフティモ 2泊おとまりセット (トラベル・旅行用) a 11袋入

KOSE コーセー ソフティモ 2泊おとまりセット (トラベル・旅行用) a 11袋入

 
続きを読む